野田医院

不妊症治療についてのご案内

高度生殖医療施設(ART)の施設紹介

妊活を希望される方に落ち着いた環境で治療に専念できる、そんな施設を目指して高度生殖医療施設(ART)をご用意しました。

当院は産科・婦人科・不妊治療のクリニックです。不妊治療~妊娠~出産を通してのケアができる施設となっております。スタッフは院長・看護師・助産師をはじめ、不妊カウンセラー、体外受精コーディネーター、胚培養士などの専門スタッフもお手伝いさせていただきます。
2019年1月にNODA ART CLINIC(高度生殖医療施設)がオープンしました。

ここでは『すべての卵と精子に愛情を込めて』培養管理させていただきます。この施設はART(高度生殖補助医療)専門施設となっておりますので、通常の診察等は本院での受付をお願い致します。

当院の「高度生殖医療における自費料金」について

体外受精や顕微授精といった「高度生殖医療」は保険適応外であるため、各病院やクリニックによって料金体系や価格が異なります。 当院では、高度生殖医療の料金を決定する上で、「分かりやすい料金設定とすることで、ご夫婦の料金面での不安感や経済的な負担をできるだけ解消する」ことに重点を置いた価格設定になっております。
卵管鏡下卵管形成術について

卵管鏡による内視鏡手術で、卵管鏡(ファイバースコープ)を使って、卵管の狭窄部・閉塞部を広げる手術です。
• 卵管内腔の観察が可能であること。
• 卵管近位部の病変(軽度の狭窄など)に対して有効であること。
• 低侵襲:日帰り手術、繰り返し実施可能であること。
• 術後の痛みや出血が少ないこと。
• 健康保険、高額療養費制度の適応であること。※

治療効果
• 卵管通過性が回復して、手術後に自然及び人工受精などで妊娠が期待されます。

※健康保健及び高額療養費制度については来院時説明いたします。

診察を予約された方はこちらの問診票をプリントアウト、ご記入の上お越しください。