不妊症治療についてのご案内

診察を予約された方はこちらの問診票をプリントアウト、
ご記入の上お越しください。

LinkIcon問診票(不妊・不育症)

不妊治療は、治療内容が専門的で個々人で違ったり、その時々の状態で変化したりするため、一般的には理解しにくいものです。また、オープンに相談できる内容ではないために悩んだり不安になったりと精神的にもきつくなったりする方がいらっしゃいます。そこで、当院では、不妊治療中の方や、通院前の方を対象として、「不妊相談外来」を新設することになりました。 カップルで受診して相談したいけど、仕事の都合で受診が出来ない方へも考慮して、土曜日の午後に毎月不定期で実施いたします。 完全予約制で、パソコンや携帯電話からの予約になります。「全ての卵と精子に愛情を込めて」をモットーに、全力で培養業務を行っています。
誰にも相談できず一人で悩んでらっしゃる方、病院に行くことがためらわれているご夫婦の方。
まずはお気軽にご相談をいただけたらと思います。

当院の「高度生殖医療における自費料金」について

体外受精や顕微授精といった「高度生殖医療」は保険適応外であるため、各病院やクリニックによって料金体系や価格が異なります。
当院では、高度生殖医療の料金を決定する上で、「分かりやすい料金設定とすることで、ご夫婦の料金面での不安感や経済的な負担をできるだけ解消する」ことに重点を置いた価格設定になっております。

s_f_p12.gif

不妊治療項目 
タイミング療法
人工授精 体外受精
受精卵凍結 保存 精子凍結 凍結融解胚移植
顕微授精(PIEZOICSI)    

指導機関:チーム轟木・鹿児島大学農学部生物生産学科家畜生産学研究室

卵管鏡下卵管形成術について

卵管鏡による内視鏡手術で、卵管鏡(ファイバースコープ)(右写真)を使って、
卵管の狭窄部・閉塞部を広げる手術です。

特徴としては、
• 卵管内腔の観察が可能であること。
• 卵管近位部の病変(軽度の狭窄など)に対して有効であること。
• 低侵襲:日帰り手術、繰り返し実施可能であること。
• 術後の痛みや出血が少ないこと。
• 健康保険、高額療養費制度の適応であること。※

治療効果
• 卵管通過性が回復して、手術後に自然及び人工受精などで妊娠が期待されます。

※健康保健及び高額療養費制度については来院時説明いたします。

ft_photo.jpg

FT01.png

カテーテルを膣から子宮へと挿入し、
卵管に近づけます。

FT02.png

カテーテルの風船(バルーン)を膨らませて、卵管の中へバルーンを進めます。

FT03.png

詰まっているところを広げます。

FT04.png

バルーンで閉塞部の拡張。

FT05.png

卵管内の様子を、
卵管鏡を使って観察します。

FT06.png

観察しながら卵管鏡を抜く。

FT07.png

手術終了。

卵管鏡の実際
卵管鏡は非常に細いカメラで、カテーテルの中から卵管の中を観察します。
卵管内をカメラで見ながらバルーンという風船を膨らませることによって、卵管が閉塞や狭窄している部分を広げます。そして、最後に炎症を抑える薬を流しながら卵管の中を観察しながらカメラを抜きます。

当院では、卵管狭窄や閉塞のある患者様へ卵管鏡下卵管形成術(FT)を行っております。処置を受けられた患者様のご意見を掲載しています。

2014年12月<M様より>
私は、もともと生理不順で結婚後も基礎体温が不安定で有り、妊娠の気配がみられなかったので不妊外来を受診しました。子宮卵管造影検査を受けたところ、左側の卵管が詰まっているとのことでした。そして、今回、こちらで卵管鏡下卵管形成術(FT)を行っていると聞いて受ける決意をしました。
麻酔を注入する際に、少し痛みを感じました。その後、カテーテルが子宮に挿入し、卵管に近づけバルーンで少しずつ膨らましているときに生理痛のような締め付けられる痛みを少し感じました。しかし、スタッフの方々が優しく声を掛けて下さったり、手を握って下さった野で安心して受けることができました。手術後も、カメラで撮影した卵管を先生と一緒に確認しながらきれいに広げた状態を見せて下さいました。その日は少しよるまで痛みが続きましたが、次の日は痛みもなくなり、少量の出血も2~3日で治まりました。
今回、FTを受ける前は不安もありましたが、無事に成功しこれから新たに希望を持って前へ進めるなと思いました。有り難うございました。
2014年11月<H様より>
卵管に詰まりがあるかもしれないとのことで、先生からFT手術の話を聞いたとき、少しでも妊娠する可能性が上がるならと思い、迷いなく決断できました。かなり不安や怖さはありましたが、術中、先生や看護師さんたちが優しく声かけてくださったり、手を握って下さったり、安心して手術を受けることができました。術後すぐ、一時的に痛みが強くなりましたが、しばらくするとスーッと治ってきました。
後は、何日か少量の出血が続きましたが、痛みは殆どなく過ごすことができました。
今回の手術で詰まりがあった卵管が無事に開通でき、すごく嬉しく、手術をして本当に良かったと思いました。