slid15.jpg

不妊症治療についてのご案内

診察を予約された方はこちらの問診票をプリントアウト、
ご記入の上お越しください。

LinkIcon問診票(不妊・不育症)

不妊治療は、治療内容が専門的で個々人で違ったり、その時々の状態で変化したりするため、一般的には理解しにくいものです。また、オープンに相談できる内容ではないために悩んだり不安になったりと精神的にもきつくなったりする方がいらっしゃいます。そこで、当院では、不妊治療中の方や、通院前の方を対象として、「不妊相談外来」を新設することになりました。 カップルで受診して相談したいけど、仕事の都合で受診が出来ない方へも考慮して、土曜日の午後に毎月不定期で実施いたします。 完全予約制で、パソコンや携帯電話からの予約になります。「全ての卵と精子に愛情を込めて」をモットーに、全力で培養業務を行っています。
誰にも相談できず一人で悩んでらっしゃる方、病院に行くことがためらわれているご夫婦の方。
まずはお気軽にご相談をいただけたらと思います。

当院の「高度生殖医療における自費料金」について

体外受精や顕微授精といった「高度生殖医療」は保険適応外であるため、各病院やクリニックによって料金体系や価格が異なります。
当院では、高度生殖医療の料金を決定する上で、「分かりやすい料金設定とすることで、ご夫婦の料金面での不安感や経済的な負担をできるだけ解消する」ことに重点を置いた価格設定になっております。

s_f_p12.gif

不妊治療項目 
タイミング療法
人工授精 体外受精
受精卵凍結 保存 精子凍結 凍結融解胚移植
顕微授精(PIEZOICSI)    

指導機関:チーム轟木・鹿児島大学農学部生物生産学科家畜生産学研究室

卵管鏡下卵管形成術について

卵管鏡による内視鏡手術で、卵管鏡(ファイバースコープ)(右写真)を使って、
卵管の狭窄部・閉塞部を広げる手術です。

特徴としては、
• 卵管内腔の観察が可能であること。
• 卵管近位部の病変(軽度の狭窄など)に対して有効であること。
• 低侵襲:日帰り手術、繰り返し実施可能であること。
• 術後の痛みや出血が少ないこと。
• 健康保険、高額療養費制度の適応であること。※

治療効果
• 卵管通過性が回復して、手術後に自然及び人工受精などで妊娠が期待されます。

※健康保健及び高額療養費制度については来院時説明いたします。

ft_photo.jpg

FT01.png

カテーテルを膣から子宮へと挿入し、
卵管に近づけます。

FT02.png

カテーテルの風船(バルーン)を膨らませて、卵管の中へバルーンを進めます。

FT03.png

詰まっているところを広げます。

FT04.png

バルーンで閉塞部の拡張。

FT05.png

卵管内の様子を、
卵管鏡を使って観察します。

FT06.png

観察しながら卵管鏡を抜く。

FT07.png

手術終了。

卵管鏡の実際
卵管鏡は非常に細いカメラで、カテーテルの中から卵管の中を観察します。
卵管内をカメラで見ながらバルーンという風船を膨らませることによって、卵管が閉塞や狭窄している部分を広げます。そして、最後に炎症を抑える薬を流しながら卵管の中を観察しながらカメラを抜きます。